【告知】長岡ボードゲーム会5月29日 一部変更
29日ですが、会場は変わりませんが使用する部屋が変更になりました。

日時:5月29日(日) 9時30分~19時

会場:長岡市 中島児童館 2F和室

http://www.city.nagaoka.niigata.jp/shisetsu/jidoukan/nakajima-j.html
スポンサーサイト
[2016/05/29 09:30] | ゲーム会予定 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
例会報告 5月22日
11名の参加をいただきました。
ありがとうございます。

以下はプレイされたゲームです。
ゲームマーケットの新作が多めでした。

御朱印あつめ
夏休み大作戦
ムガル新版
王と枢機卿
エスカレーション
ローマ数字ダイス
ペアーズ
デンポー
ラストナイトオンアース
ゾンビサイド・ブラッドプレーグ
バウンスオフ
ナンジャモンジャ
モレール
犯罪現場 CS Files
タンクハンター ガールズ&パンツァー エディション
キルドクターラッキー・カードゲーム
マーブル
トランスヨーロッパ
どっちの始末Show


「ムガル新版」
リオグランデから出版された新版です。
最初から3枚ずつ株券を所有していたり、株を売る権利の代わりにボード上の路線に駅を立ててゲーム終了時にそこからも得点が入るなど、ルールに調整が加えられてバランス・戦略性ともアップしていると思います。
IMG_1181.jpg


「王と枢機卿」
シャハトデザインの実質3人専用の傑作です。
最初は感覚が掴みづらいですが、慣れてくると一手一手が非常に悩ましいです。
IMG_1182.jpg


「犯罪現場 CS Files」
中国のメーカーの推理ゲームで、「ディセプション マーダーin香港」のタイトルで流通しています。
犯人は自分の前のカードから凶器と証拠を秘密裏に指定し、唯一それを知っている科学捜査員のプレイヤーからの鑑識結果からそれを特定する、人狼とミステリウムを足したようなゲームです。
IMG_1183.jpg


「ゾンビサイド・ブラッドプレーグ」
定番のゾンビ協力ゲームで、これはファンタジー世界仕様のものです。
ゾンビを生み出しているネクロマンサーを倒して研究施設を隈なく探索するシナリオです。
IMG_1184.jpg


「ラストナイトオンアース」
こちらもゾンビゲームで、ゾンビサイドと同時に立卓されました。
ゾンビ担当プレイヤー対その他の人間プレイヤーという構図になります。
IMG_1185.jpg

[2016/05/23 16:47] | ゲーム会報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
【告知】長岡ボードゲーム会5月22日、29日
定例ボードゲーム会を開催いたします。
どなたでも自由に参加いただけますし、入退場の時間も自由です。

日時:5月22日(日) 9時30分~19時

日時:5月29日(日) 9時30分~19時

2週連続での開催になります。

会場:長岡市 中島児童館 図書室

http://www.city.nagaoka.niigata.jp/shisetsu/jidoukan/nakajima-j.html

参加費:無料

駐車場:あり

近くに食事を取れるところがありませんので、昼食などは事前に用意していただければと思います。
[2016/05/22 09:30] | ゲーム会予定 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
例会報告 4月24日
今回は9名ご参加いただきました。
ありがとうございました。

プレイされたゲームの一部を紹介します。

「十二季節の魔法使い」
ダイスをドラフトし、季節ごとに得られる魔力でモンスターやアイテムを召還します。
IMG_1164.jpg


「さまよえるオランダ人」
最近出版されたカタンの開拓のクラウス・トイバー作の日本語版です。
自分の投資している商船が幽霊船に襲われないようにしながら価値を上げていきます。
IMG_1163.jpg


「ナショナル・エコノミー」
最近定番になっている国産の拡大再生産ゲームです。
IMG_1167.jpg


「カポネ」
ニムトがドイツゲーム大賞を獲得したときの次席作。
マフィアの縄張り争いということで血で血を洗う抗争となり、港は沈められた構成員でいっぱいです。
IMG_1165.jpg


「行商と信頼」
ラノベ小説「狼と香辛料」の世界を舞台にしたピック&デリバリーゲーム。
デザイナーもラノベ作家です。
IMG_1166.jpg


「エンデバー」
大航海時代の植民地政策がテーマ。
非常に面白いのですが、ほぼ5人専用なのが玉に瑕。
IMG_1168.jpg
[2016/05/12 20:46] | ゲーム会報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |